車椅子ユーザーの私が福祉タクシーを利用して仕事に行く

私の会社では障がいを持っている社員は1週間に1日だけ出勤するスタイルの勤務方法があります。その出勤する時に利用するのが福祉タクシーです。顔なじみになり運転者さんとも気軽に話しをします。
その会社に出社する日以外は在宅でパソコンの仕事をしています。自宅で1人、仕事をすることが大半です。ひとりだと「眠たいな」と思うときもしばしばあります。
ですが、会社に出勤すれば楽しいことが待っています。同僚の話を聞いたり話したりして喜んでいます。ミーティング中には連鎖的に次から次へと、笑いが笑いをよんでいます。面白すぎて「もうやめてください」と言ってしまうくらいなのです。それは1週間に1日のお楽しみになっています。
これも車椅子のまま乗れる福祉タクシーがあるおかげで、出勤することすることが容易になりました。もちろんそれ以外にも、映画を見に行く時も、動物園を行く時も、福祉タクシーを使って行きます。先日は動物園へ行き、パンダやライオン、キリンなど色々な動物を見ました。特にレッサーパンダが愛嬌をまいておもしろかったです。
このように福祉タクシーを使えば行動範囲がグンと広がります。車椅子でも福祉タクシーを使えばいつでも、どこにでも色々な所へ行け、楽しみも広がります。